BLOGブログ

AIDMAとは

おはようございます!BLOOM WORKSのTAKAです!

今日はAIDMAについて書きます。

AIDMAとは、マーケティングに欠かせない法則であり、

消費者が商品などモノを認知してから購買に至るまでを

5段階に分けたプロセスのことです。

 

A   Attention  注意  知る

I    Interest     興味  興味を持つ

D   desire     欲求  欲しいと感じる

M  Memory       記憶  記憶する

A   Action    行動  購入する

 

Aの注意

まず消費者に商品の存在を知ってもらう必要があり、

認知活動が必要になります。

第一段階なので、最重要と言えます。

Iの興味

認知しただけでは購入に繋がらないので、商品について

多くの情報や利点、長所を的確に消費者に伝えることが、

購入へ繋げる上で不可欠になります。

Dの欲求

興味を持っただけでは購入に至らず、買いたいと思わせる

ことが必要で、消費者の不安や心配を取り除くセールスを

しないといけません。

Mの記憶

消費者は常に多くの情報に囲まれ、日々いろいろなことに

興味を惹かれているので、欲しいと思っていた記憶を呼び覚ます

ことで実際に購入へと繋ぐことができます。

Aの行動

買うと決めていても、方法が分からないと諦める方も少なく

ありません。

購入までのルートを明確し、スムーズにたどり着けるような

誘導が重要になります。

 

AIDMAを理解し、消費者の立場になれば、集客や売り上げUPを

狙いやすいかもしれません。

次回はAIDMAに関連した、AISASについて書きたいと思います。