BLOGブログ

Photoshopのレンズフィルター

おはようございます、BLOOMWORKSのにゃんです。

今日も朝から蝉がよく鳴いていますね。私はこの声がそんなに嫌いじゃないです。

でも、前に住んでいた家は窓が隙間だらけで近所が皆森みたく木が多い茂っていたので

蝉のうるさいことと言ったら無かったです。

蝉で目覚めるくらい鳴いていました。それを利用して息子が蝉の自由研究をした際には

あるお宅の一本の木にMAX蝉が20匹以上止まっていました。。。

 

さて、今日は昨日の続き、カラーバランスの応用をご紹介します。

昨日は画像の全体的なカラーバランスを整える方法を簡単にご紹介しました。

今日は色の偏りを取り除く方法に関して説明していきます。

写真を撮るときにカメラの前にレンズフィルターを取り付けることは多いと思います。

Photoshopにはこのレンズフィルター調整レイヤーが用意されています。

レンズフィルター調整レイヤーを使って画像から任意の色を取り除くことができます。

レンズフィルター調整レイヤーにはたくさんのフィルターが登録されています。

フィルターのプルダウンで取り除きたい色の補色を選択します。

また、カスタムのカラーボックスで色を指定して独自のフィルターを設定し、オリジナルの効果を生み出すこともできます。

使い方はまず、いつもと同じように画像を開いた後、レンズフィルター調整レイヤーを追加します。

そして、プロパティパネルでフィルターの種類と適用量を設定します。

ここでのポイントは取り除きたい色の補色を選択することです。

逆にカスタムのカラーボックスをクリックして任意のカラーを設定することで写真の色味を好みに

調整することができます。

 

フィルターの追加は簡単なのでお好みに夕焼け風にしたり、少し寂寥感を出すような青みがかった画像にしたり、

Photoshopを使って色々なフィルターを試してみてください。